ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

ホーム > Oracle > Enterprise Managerが起動しない

Oracle/Enterprise Managerが起動しない

Oracleを使っていて、データベースには普通にアクセスできるのに、突然、Oracle Enterprise Manager(以下EM)が停止していて、起動できなくなることがあります。
そのような場合の調査・解決方法をまとめました。

なお、以下の作業で問題が解決しない場合は、以下のエントリを参考に、EMリポジトリの再構築を試してみてください。

目次 Edit

状態の確認 Edit

まず、以下のコマンドでEMの状態を確認してください。

emctl status dbconsole

以下は「emctl status dbconsole」の実行例です。なお、Windowsの場合は事前に環境変数ORACLE_SIDをセットしておく必要があります。

*** ↓以下、コマンド実行(Windowsの場合) ***
> set ORACLE_SID=ORASMS
> emctl status dbconsole

*** ↓以下、コマンド実行(Linuxの場合) ***
$ su - oracle                       (この後パスワード入力)
$ emctl status dbconsole

*** ↓以下、実行結果 ***
Oracle Enterprise Manager 10g Database Control Release 10.2.0.4.0
Copyright (c) 1996, 2007 Oracle Corporation.  All rights reserved.
https://w2ksvr10:1158/em/console/aboutApplication
Oracle Enterprise Manager 10g is not running.
------------------------------------------------------------------
Logs are generated in directory E:\oracle\product\10.2.0\db_1\myserver_mysid\sy
sman\log

上記に表示されるパスの情報からEMのログの場所がわかります。
上記の場合、ログの場所は「E:\oracle\product\10.2.0\db_1\myserver_mysid\sysman\log」です。
このディレクトリの中に「emdctl.trc」というログファイルがあるので、中身を確認してください。

起動失敗の原因 Edit

EMが起動しない原因はいろいろあります。
原因が深刻な場合は、EMのリポジトリを再構築しないといけないこともあります。
しかし、場合によっては簡単な操作で直ることもあります。
例えば、ログの中に以下のようなエラーがあった場合は、EMをSSLモード(https)で起動していて、かつ、Oracleに内蔵されているSSLの期限が切れている可能性があります。

*** ↓以下、ログの一部 ***
2012-03-28 10:37:14 Thread-2444 ERROR ssl: nzos_Handshake failed, ret=29024
2012-03-28 10:37:14 Thread-2444 ERROR http: 252: Unable to initialize ssl conne
ction with server, aborting connection attempt
2012-03-28 15:17:35 Thread-596 WARN  http: snmehl_connect: connect failed to (myserver:1158): 
対象のコンピュータによって拒否されたため、接続できませんでした。 (error = 10061)

SSLのOFF Edit

なお、SSLが必要ない場合は以下のコマンドでSSLをOFFにできます。

emctl stop dbconsole     ....EMが起動している場合はSTOPさせる。
emctl unsecure dbconsole ....SSLをOFFにする。
emctl start dbconsole    ....EMを起動する。(Windowsの場合はサービスから起動でもよい)

以下は、「emctl unsecure dbconsole」でSSLのOFFが成功した場合の表示例です。

*** ↓以下、コマンド実行 ***
> emctl unsecure dbconsole

*** ↓以下、実行結果 ***
Oracle Enterprise Manager 10g Database Control Release 10.2.0.4.0
Copyright (c) 1996, 2007 Oracle Corporation.  All rights reserved.
https://myserver:1158/em/console/aboutApplication
Configuring DBConsole for HTTP...   Done.
DBCONSOLE already stopped...   Done.
Agent is already stopped...   Done.
Unsecuring dbconsole...   Started.
DBConsole is now unsecured...  Done.
Unsecuring dbconsole...  Sucessful.

SSLのOFFが成功したら、次に「emctl start dbconsole」コマンドでEMを起動してみてください。

> emctl start dbconsole

無事に起動できればOKです。
ただ、その場合は、EMにアクセスする際のWebのプロトコルは「https」ではなく「http」に変わりますので、ブラウザで見る場合は注意してください。
プロトコルを「https」のまま使いたい場合は、SSLをOFFにするのではなく、Oracleに内蔵されている「SSL証明書」を作り直す必要があるようです。

なお、上記作業で問題が解決しない場合は、以下のエントリを参考に、EMリポジトリの再構築を試してみてください。

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

TOP